デューテ 効かない

MENU

デューテは効かないってどういうこと?

デューテは効かない

デューテが効くか効かないか?これからデューテを使用してみよう、という人にとっては興味のあるところでしょう。そこでまず、デューテの成分から検証してみようと思います。成分によって、自分に適応するかどうか?デューテが効くか効かないかを判断してみて下さいね。

 

まずデューテが特筆される点その@は、顔というデリケートな部分にも、トラブルを起こさないように、パラベン・アルコール・オイル・合成香料・合成色素・石油系界面活性剤・シリコン・紫外線吸収剤を一切含有していない事です。

 

水溶性プラセンタエキスとグリチルリチン酸2Kの働き

特筆される点そのAは、有効成分として 水溶性プラセンタエキスとグリチルリチン酸2Kを含有している事です。「水溶性プラセンタエキス」は、新陳代謝(ターンオーバー)を活発にし、肌の保水力を高めますので、肌がみずみずしさを保てます。

 

「水溶性プラセンタエキス」は更に、ターンオーバーの乱れで、過剰に蓄積されたメラニンを排出させるとともに、肌の黒ずみのもととなるメラニンに対して、過剰に生成されるのを防ぐ働きがあり、活性酸素を取り除く働きもありますから、美白効果も期待できます。

 

プラゼンタは動物の胎盤(お腹の中の赤ちゃんは胎盤を通して栄養を吸収します)から抽出されたものですから、肌の若返りにも、アンチエイジング(若さを保つこと)ケアにも、効果を発揮すると言われる成分でもあります。

 

一方グリチルリチン酸2Kは、漢方薬にも使われている甘草から生成された成分です。主に皮膚の炎症を鎮める抗炎症作用があり、ニキビ予防や肌荒れに効果があると言われています。更に美白効果もあるので、ニキビ跡の黒ずみにも効果を発揮すると言われています。

デューテは医薬部外品

医薬部外品とは、厚生労働省から、効果・効能が認められた商品の事を言いますから、一定の基準をクリアした安全商品でもあるのです。更にデューテには、美白成分が4つ配合されています。 それぞれの成分は、同時にニキビ予防のための効果あると言われているのです。

 

4つの成分とは、@ボタンエキス、Aプルーンエキス、Bカッコンエキス、Cプラゼンタです。ボタンエキスは、鎮痛や抗炎症作用、血行促進や抗アレルギー、抗酸化や美白の効能がある成分です。

 

又プルーンエキスは、皮膚細胞のメラニン摂取を抑え、抗酸化などの美白効果もあると言われています。カッコンエキスは、葛の根から生成されたエキスです。保湿力や透明感を高め、さらにコラーゲンを生成促進する働きもある事が解明されています。

 

プラゼンタは上記でも説明したとおり、アンチエイジングには欠かせない成分でもあります。デューテは、この4つの成分が、@色素沈着により起こる炎症、Aメラミンの生成、B色素の生成、Cニキビ跡のシミや黒ずみを改善してくれるという事で高い評価を得ているのです。

デューテ、効かないのまとめ

デューテが効かないという意見は勿論ありますが、デューテの成分分析をみると、効果が出ない人にとっては、いまいち成分が合わないのかも知れません。試用期間が短いという事もあるかも知れません。

 

ニキビというのは一種の皮膚病ですし、ニキビは一晩で出来るものでもありません。ある程度の時間を重ねて出来るものですから、治療にもそれなりの時間は必要です。

 

公式ホームページでは、治療には時間の掛かる事を考慮して、定期購入の割引や90日間の長期返金保証も付けて、利用者に優しい情報を提供しています。

 

ニキビもニキビ跡も、出来たらスッキリと治したいですよね。でも悩んでいるだけでは問題は解決しません。デューテのホームページを一度チェックしてみることをお勧めします。

 

>>デューテの公式サイトはこちら