デューテ 悪化

MENU

デューテで悪化するの?

デューテは悪化するの?

デューテで悪化した?そんな噂を聞いたらやっぱり試用するのを躊躇しますよね。でもデューテで悪化する事はありませんから安して下さい。では如何してデューテで悪化する事がないのか?以下で一緒に検証してみましょう!

 

その根拠の@は、デューテは8つのフリー(排除)を宣言している事です。ニキビの出来やすい肌は、ターンオーバーが乱れていたり、敏感肌だったりのケースが多いと言われていますから、デューテはそう言う肌に刺激を与えかねない成分を一切排除しているのです。

 

デューテがフリー宣言した成分

デューテがフリー宣言した成分は、パラペン(人体には毒性の弱い一種の防腐剤)、アルコール、オイル、合成香料、合成色素、石油系界面活性剤、シリコン(肌の毛穴を塞ぐとも言われる成分です)、紫外線吸収剤の8つです。

 

上記の8成分は、新陳代謝(ターンオーバー)の低下した肌には、刺激成分として作用する可能性がある為、デューテでは含有を止めているのです。

デューテの有効成分は?

デューテは医薬部外品ですから、必ず有効成分を含有している訳ですが、その有効成分は天然由来の水溶性プラゼンタエキスと、カンゾウ由来のグリチルリチン酸2Kです。デューテにはこの他にも、デューテ独自の保水力アップ成分が含有されています。

 

その成分とは、トレハロ―スとグリコシルトレハロースです。トレハロ―スは、復活草(一度枯れた後も復活すると言われる草)や、シイタケにも含まれると言われます。干しシイタケが、水に付けるだけで元通りになるのは、トレハロースを含有しているからと言われています。

 

グリコシルトレハロース(とうもろこしデンプン由来の糖質で天然の保湿成分)は、保水性が高く、紫外線から肌を守る効果があると言われています。これ等の天然由来の成分を主成分としているデューテが、肌を悪化させるという事は考えられません。

デューテで悪化する事は無いので安心して!

只人の肌も一様ではありません。特別のアレルギーを持った人も必ずいるでしょう。特別のアレルギー体質でなくても、ある成分に敏感に反応する人もいるかも知れません。そう言う人にも絶対に悪化しないとは言い切れませんが、デューテの成分分析の結果では、悪化の心配はありません。

デューテ、悪化のまとめ

デューテに限らず、新しく何かのアイテムに挑戦する時は、誰でもその効果や使用結果が気になるのは当然です。デューテの成分を検証した結果、悪化の心配は無い事が分りました。

 

とはいえデューテも定期購入での特典は、初回限定86%OFFの980円、90日間返金保証等、特典を利用すれば最安値購入が可能ですが、それでもコンビニでアイスを買うという訳にはゆきません。

 

頑固なニキビやニキビ跡のケアともなれば、一朝一夕に改善するものでないだけに、ある程度の継続は必要になりますから、根気と努力も必要になってきます。慎重に決断する事は良い事です。只ニキビも一種の皮膚病ですから、早めの治療は必須です。

 

酷くする前にケアする事で、治りも早いでしょうし、使用するアイテムの効き目も早く顕われるでしょう。ニキビやニキビ跡で悩んでいるのであれば、デューテはおすすめの商品です。一度公式ホームページを覗いてみることをお勧めします。

 

>>デューテの公式サイトはこちら